トピックス:フォルトトレランス1

トピックス:フォルトトレランス1

福島第一原発の非常用電源はなぜ働かなかったか

いったい何が重大な事故に至らしめたのでしょうか?

その1: 「非常用電源は地下にあった!」? 海の傍でどうして/なぜ?

初めに非常用電源の設置場所を考えてみましょう。
この原因は黎明期の制約が原因の一つになっています。

当時は日本で最も古い世代の商用原発だったことからアメリカでの前提と設計をそっくりそのまま日本に持ち込んだのです。
安全を確保する必要から、ターンキーパッケージ(設備の細部まで設計はほとんどGEが行い、東電は完成後に引き渡されて運用する)の条件で福島第一は建設されたのです。
リスク管理では最悪条件に備えることが含まれています。

アメリカの気候で最悪の条件とはいったい何でしょうか?
それは地震でも津波でもありません・・・

大型のハリケーンが思い浮かぶかもしれませんが、強風という点ではトルネード(竜巻)が第一に挙げられます。映画の場面でも描かれていますが、危機迫る状況で家族全員が向かう避難場所は? お察しの通りそれは地下です。地上部分がすべて無くなっても頑丈に作られた地下はシェルターとして機能し、安全を確保できたのです。アメリカでは備えるべき最大の危機は津波ではなかったのです。日本では備えるべき最大の危機は違っているはずです。

初めに設置されたのは地下でしたが、その後移設など何回かの危機回避のチャンスはあったはずです。

新しい年度の予算化の度に危機管理の考え方が着実に引き継がれていたら、本来分散されるべき非常用電源が1か所に設置されている事態には至らなかったと考えられます。

今更聞けない人に。CMSのすすめ